土地を高額売却するために欠かせない相見積もりのポイント

不要になってしまった土地を売却したいときには少しでも高く売ろうと目指す場合が多いでしょう。土地を売却するときには相見積もりを上手に活用することが大切です。土地の売却の一般的な流れを理解した上で、どのように相見積もりを駆使したら良いのかを考えてみましょう。

使い方次第で損得が左右されるので重要なポイントです。

土地売却の流れを知ろう

相見積もりの活用方法を考える上で重要なのが土地売却の流れを理解しておくことです。土地は売り手と買い手の間で取引を行うことになるため、買い手が見つからなければ売ることはできません。一般的な土地の売却は不動産会社に仲介してもらい、買い手を探してもらって取引をするという形になります。

まず不動産会社に土地を売りたいと伝え、土地の査定をしてもらってどの程度の価値があるかを算出してもらいます。その査定価格や査定に至るまでのやり取りなどから判断して、適切に買い手を見つけ出してくれる会社だとわかったら媒介契約を締結するのが通例です。

そして、査定価格に基づいてどの程度の金額で売りに出すのが妥当かを考え、納得できる金額で売りに出します。その後は不動産会社が販売活動を行い、買い手が見つかったら連絡が届くというのが流れです。その後は価格交渉を行い、納得できる金額に落とし込めたら売買契約を締結して引き渡すことになります。

このような流れの中で相見積もりをどのように活用すると良いのかを考えてみましょう。

そもそも相見積もりとは何か

前提として相見積もりについてもよく理解しておく必要があります。土地売却の場合には不動産会社に相談して査定価格を出してもらうのが見積もりです。土地の査定を複数の不動産会社に行ってもらい、その価格や内容を比較検討することを相見積もりと言います。

基本的には不動産会社に査定をしてもらうのは無料で、もし媒介契約を締結することを断ったとしても費用は発生しません。不動産会社としては魅力的な土地なら是非とも仲介したいと思うのが常です。そのため、積極的にアピールすることもよくありますが、売り手の意思にそぐわない形で不必要に営業行為をすることは禁止されています。『関連 - 不動産売却一括査定.com - 土地査定

相見積もりをしているということを不動産会社に伝えても問題はなく、一般的な手段として行われていることも承知しているでしょう。それを踏まえて相見積もりを取ってみるのが賢明です。

相見積もりをするときの注意点

相見積もりをするときに気をつけておきたいのが何を確認すべきかを見誤らないことです。一般的に骨董品などの売却をしたいと考えて相見積もりをする場合には少しでも高い査定価格をつけてくれる業者を探すことが重視されます。

その金額で買い取ってもらえるのが原則だからです。しかし、土地の場合には査定価格がいくらであろうと、最終的には買い手との間で交渉を行って決めることになります。つまり、査定価格がとても高いという場合でも、最終的な取引価格は極めて低くなる可能性も十分にあるのです。

ただし、査定価格が極めて低い場合にそれ以上に高く売れることはまずありません。査定価格に基づいて販売価格を決めるため、せいぜい査定価格より少し高い程度の価格で売れる程度が限界でしょう。それならやはり高い査定価格を付けてくれる不動産会社を選んで仲介してもらうと高く売れるのではないかと考えてしまうかもしれません。

しかし、あまりにも高い販売価格で売りに出したとしても買おうと思う人がなかなか出てこないでしょう。売れないから価格を下げなければならないということになり、最終的にはかなり低い価格で売らなければならなくなる場合もあるのです。

相見積もりで確認すべきポイントとは

相見積もりをするときに確認すべきポイントは大まかに分けて二つあります。一つ目は査定価格が相場に合っているかどうかです。土地は地価や周辺の土地の取引事例によってほとんど価格が決まり、それに対してどれだけプラス要素あるいはマイナス要素があるかによって査定が行われます。

相場情報は取引事例を調べたり、実際に販売されている土地の価格を見たりすれば概ね想像することはできるでしょう。しかし、少し時期が違ったために取引価格が大幅に異なっていたり、実は売りに出されている土地はあまり人気がない土地だったりすることもあります。

相見積もりをすると多くの不動産会社の査定価格を一覧にして確認できるため、大半の業者が付けている価格帯が相場だと簡単に判断できるでしょう。その相場からあまり離れていないことが土地の良し悪しを見分ける能力がある不動産会社だと考えることが重要なポイントになります。

二つ目は価格が相場から外れていたときに何が根拠になっているかを確認することです。相場よりも査定価格があまりにも高くなっている場合には、高額査定をして何とか媒介契約を結びたいと考えている可能性があります。

悪徳業者というリスクもあるので慎重にならなければなりません。しかし、売りたい土地の魅力的なポイントに気づいてプラス査定をしている可能性もあります。相場はこの程度のはずだけれど、こんなに高く査定しているのはなぜかと問い合わせてみましょう。

それに対して合理的な回答をくれるようであれば高額売却を実現させてくれる業者という可能性があります。一方、あまりにも低い査定をしている場合にはマイナス要素に気づいている可能性があるため、やはり相場から外れている理由を聞いておくと安心です。

そのマイナス要素を考慮した上で高く売る方法を見出せるかもしれません。このような情報を集めておくと販売価格を決めるときにも役に立ちます。相見積もりはこのようにして信頼できる不動産会社を探しつつ、販売のための有用な情報を手に入れるための手段として活用できるのです。

一括査定サイトも使ってみよう

土地の査定を受けるときには一括査定サイトを使うと便利です。個々の不動産会社に連絡して見積もりをしてもらうよりも速やかに手続きを行えます。土地の情報だけあれば大まかな価格は算出できるので、机上査定ですぐに回答をもらえるでしょう。

手間をかけずに相見積もりをしたいと考えたら、まずは一括査定サイトで信頼できる不動産会社を探すのが効率的です。その上で何社かを選んで実際に土地を見てもらい、再度相見積もりをして信用できる不動産会社と契約を締結するのが合理的な方法です。